初めてのメダカ飼育を応援!メダカのいる暮らしで癒やしの毎日を

メダカの水槽飼育のポイント|育たない?親魚の喧嘩…注意点と解説策

飼育用品をしっかり準備する

室内水槽飼育を開始するにはいくつかの用品が必須です。まずは水槽、こちらはメダカの飼育のスタンスに合わせて準備して下さい。まずは繁殖目的の為のお話をさせていただきます。繁殖目的であれば小型の水槽をいくつか準備しましょう。なぜかと言いますと、1・親水槽 2・稚魚用水槽 3・幼魚用水槽が最低でも必要です。親のメダカの種類が増えるのであれば、そこも想定して準備をして下さい。

次に照明です。観賞魚用のLEDライト、特に明るめのものを準備します。メダカは基本太陽が大好きです。室内飼育の場合問題点となるのが日照不足です。明るめのLEDライトを使い、しっかりと水槽の底まで光が届くようにしましょう。1日12時間~14時間ライトは点灯して下さい。また点灯したままですと、メダカの体内時計が狂いますので注意してください。タイマーを使って管理するのもおすすめです。

次にろ過機です。こちらは様々な形のろ過機がありますが、メダカの場合水流の強くない投げ込み式のろ過機がおすすめです。エアーの強さで調整できますので、強い水流を避けながら、効率よく飼育水をきれいにしてくれます。

最後に底砂利です。栄養系と言われる柔らかめのソイルがおすすめです。栄養系ソイルにはバクテリアも繁殖しやすく、水質の維持管理に適しています。色は濃い目が良いです。メダカは保護色で体色の濃淡を出しますので、濃い色のソイルの方が、メダカの表現も損なわれる事が少ないでしょう。

最後に観賞魚用のヒーターです。室内の常温ですと季節により水温があまり上昇しない為、産卵が止まり病気の出やすい水温になってしまう事があります。せっかく室内ですのでヒーター使用し設定温度23℃~27℃で管理すると親メダカが過ごしやすい水温となります。しっかりと餌を食べ飼育水が安定しているのであれば、メダカは毎日産卵繁殖してくます。産卵床は必ず一つ入れるようにし、10日程で産卵床事別水槽に移動してください。

メダカが産卵をしないときのチェックポイント 親魚の喧嘩

もし水温も大丈夫、餌もよく食べる、でも産卵しない。そんな症状がある場合はphが高くなりすぎている(8以上)または餌の栄養バランスが悪い等も考えられますので、phを計り高いようであれば水を替え中性まで調整します。餌は産卵用の高カロリー食に変える等の対処をします。

親メダカ同士の愛称が悪い時もメダカは産卵しなくなります。オスがメスより極端に小さい、オスの求愛が強すぎてメスが餌を食べていない等も考えられますので、観察し対処していきましょう。親魚の喧嘩については別の記事で詳しく紹介します。

産卵後の卵の移動

移動した産卵床と卵は受精卵より積算温度250℃になると孵化が始まります。積算温度とは、例えば水温が25℃で10日間で250℃、という計算です。親水槽の26℃の水温より少し高めの28℃程のヒーターの設定の方が孵化も早まり、稚魚の成長も早くなります。

フィルターは親水槽よりも弱くしてください。強い水流は稚魚の体力を奪ってしまい、場合によっては死んでしまう事もあります。孵化して3日目頃より稚魚用の餌を与えていきます。ライトも親と同じように使用しましょう。食べ残しの餌はこまめに処理すると水質悪化を防ぎ、病気予防にもなります。飼育水は汚れが目立った時に変えてあげましょう。メダカの入っていない水槽に同じ温度設定の飼水用の水槽があると便利です。飼育している水槽より大きめの水槽を使用すると普段の足し水にも使用できるので、管理しやすくなります。特に苔が多く稚魚水槽に発生しますと小さな稚魚は苔につかまり、死んでしまう事もあります。定期的に苔の除去も意識してください。成長が進んできますと、稚魚も早く大きくなる子がいます。先に大きく育ったメダカが小さな兄弟をつついたり、食べてしまいますので、大きくなった子は別の水槽に選別し移しましょう。

稚魚が育ってきたら

やがて大きく育ち親メダカにも負けない大きさに育ち産卵繁殖をするようになります。この時親メダカと一緒に飼育してしまい、親メダカと子メダカで繁殖してしますと、血が濃くなり過ぎてしますので、繁殖を目的としている場合、親メダカとの混泳は避けてください。

繁殖目的ではなく観賞目的なら

繁殖目的ではなく水槽飼育をする場合も同様にLEDライト、投げ込みフィルター、観賞魚用ヒーター、ソイルは用意しましょう。大きめの水槽で水草や水槽レイアウトを一緒に楽しむのも良いです。水草が元気に育つ環境はメダカも元気に育ちますので、水草はメダカの健康のバロメーターにもなります。定期的な水交換を行い、メダカの健康状態をチェックしながら管理しましょう。水草などが育ちすぎてしまうと、メダカが泳ぐ場所が無くなってしまい病気の原因にもなります。トリミングなどを適切に行い水槽内のバランスを保つようにして下さい。

室内水槽飼育の注意点としましては、日照不足に病気や産卵しなくなる。日々の観察を怠らすメダカの健康状態の維持、餌のあげすぎによる消化不良や苔の発生。ライトの付けすぎ、フィルターの水流の強さなどをベースに気を付けましょう。室内飼育から屋外やベランダ飼育に切り替える場合は5月上旬等気温が高く、天気の続く日が良いです。

メダカ同士の喧嘩の話

メダカの水槽を観察していると激しく体をぶつけあい戦っている様なメダカを目にすることがあります。これは喧嘩?と言えば喧嘩です。しかし実はオス同士の縄張り争いであります。メダカは容器の広さにより行動が変わります。繁殖の為に2ペアのメダカをセットした時に、2匹のオスは自分の遺伝子を残すために、メスの取り合いをします。これが喧嘩、縄張り争いの理由です。縄張り争いに負けてしまったオスは、勝ったオスに追いやられてしまい。容器の端や産卵床の影、水草の間等に隠れ、ほとんど泳がなくなってしまいます。こうなってしまうと給餌したとしても、勝った方のオスに攻撃されてしまう為、餌も食べることをやめてしまい、最後は病気痩せてしまったり、病気なったりして死んでしまいます。

もしそのような事があった場合には、負けてしまったオスは別容器に移してあげましょう。勝った方のオスは生命力も強く沢山の遺伝子を残してくれるはずです。しかしここで気を付けなければいけないのは、その生命力の強さ故に、メスもそのオスの求愛なのか攻撃なのかが解らなくなり、オスに怯えてしまい。先ほどのオスと同様の行動をとってしまいます。こうなりますと繁殖どころではなくなり、傍若無人と化したオスのせいで全く産卵もせず、餌も食べなくなります。その場合1度オスと隔離して、餌をしっかり食べるようになってから、もう1度ペアリングをし直して下さい。また初期の対応としては、負けてしまったオスと入れ替えてみて、大丈夫なようであればそのまま様子をみましょう。

面白いことに、メダカは容器のサイズ、水の量によっては集団行動をとります。先ほどの攻撃的なオスも20ℓ容器に20匹程の飼育水槽に移してあげると、全く攻撃性はなくなり、他のメダカと同様の集団行動をとり始めます。最近の改良メダカでは遺伝率も高くなっている品種も多いので、遺伝率の高いメダカの場合は少し親メダカの引数を増やして繁殖させた方が、縄張り争いも無く繁殖させることが可能です。

しかし最新品種のメダカでは遺伝率が3割程度、体系、体色によってはそれよりも低い遺伝率のメダカもいる為、そういった系統は出来る限り1ペアまたはオス1匹メス2匹等で採卵&累大繁殖した方が遺伝率は高まります。最初に親メダカをセットする時に、少しだけオスよりメスを大きめにしてあげると、オスも自分より大きなメスに攻撃しようとせず、安心して繁殖させる事が、できます。それもオスの性格による所がありますので、すべてそうとも言えませんが、傾向として頭の片隅に置いて頂いていると、何かあった時の対処ができると思います。

※記事監修 花小屋 店主 戸松具視さん

質問欄を閉じる