初めてのメダカ飼育を応援!メダカのいる暮らしで癒やしの毎日を

品種と特徴

日本に生息するニホンメダカには、青森から京都の日本海側に生息する「北日本集団」と、それ以外の地域に生息する「南日本集団」の2種類がいます。さらに世界のメダカ属といわれるメダカの仲間は現在20数種がアジアの広くに生息しています。ただし、ニホンメダカ以外は熱帯魚で、ニホンメダカだけが耐寒性をもっています。

野生の日本メダカは「黒メダカ」という名称で売られていることが多く、一般的な川魚と同じような色をしています。一見地味にも見えますが、太陽光に強く照らされたメダカを上から見ると、体に沿って金色にとても美しく輝きます。今では様々な色彩のメダカが誕生していますが、野生のメダカもまた、力強さと美しさを持っていると言えます。

ニホンメダカは日々品種改良が行われており、新種が次々と誕生しています。国内には様々メダカに関わる団体があり、名称も自由に決められるため品種は500種類を超えますが、その区分けのポイントはいくつかにわかれます。その区分けの組み合わせで様々な種類が作出されています。

区分けのポイント内容
体色白(白メダカ)、青(青メダカ)、黄色(ヒメダカ)、オレンジ・赤(楊貴妃)、黒(ブラックメダカ)、茶など。
体色の数、模様二色、三色、五色、まだら、など
銀色に強く光る(幹之)、青く光る(マリンブルー)、透明(透明鱗)など
内臓強く光る(体内光)など
体型丸っこい(ダルマメダカ)など
飛び出している(出目)、通常の銀色部分が黒い(パンダ)
ヒレひらひら長い、尖っている、糸を引くような形、など

代表的な改良品種


白メダカ・ホワイトメダカ系

>もっと詳しく

青メダカ・ブルーメダカ系

>もっと詳しく

ヒメダカ・楊貴妃メダカ系

>もっと詳しく


幹之メダカ系

>もっと詳しく

ブラックメダカ系

>もっと詳しく


アルビノメダカ系

>もっと詳しく


オレンジメダカ系

>もっと詳しく


ピンクメダカ系

>もっと詳しく


黄メダカ系

>もっと詳しく


黄金メダカ系

>もっと詳しく


琥珀メダカ系

>もっと詳しく


シルバーメダカ系

>もっと詳しく

ホクトメダカ系

>もっと詳しく

3色メダカ・錦メダカ・マダラメダカ系

>もっと詳しく

ヒカリメダカ系

ヒカリメダカ系

>もっと詳しく


ダルマメダカ系

>もっと詳しく


出目・目前メダカ系

>もっと詳しく

スワローメダカ系

>もっと詳しく

パンダメダカ系

>もっと詳しく

透明鱗メダカ系

>もっと詳しく

※画像・品種名協力:めだかの館