初めてのメダカ飼育を応援!メダカのいる暮らしで癒やしの毎日を

豆知識

メダカは、北海道を除く日本・中国・朝鮮半島に広く棲息している日本で最小の淡水魚です。 生息域は淡水から汽水。

各地域ごとの地方名称が4,680語もあり、昔から人々に親しまれていたことがわかります。 18世紀に入ると「目高」が文献上に載り始めました。 この頃からメダカ観賞が始まっていったといわれています。

特にニホンメダカ(=クロメダカ・日本に昔からいる野生のメダカ)の突然変異で出た緋色(オレンジ色)のメダカが定着し、「緋メダカ(ヒメダカ)」として一般庶民に親しまれました。 ニホンメダカは、1823年シーボルトによって西欧に初めて紹介されました。 世界には14種類のメダカがいますが、東アジアから東南アジアにだけ生息しています。

クロメダカの突然変異で黒色の色素胞がなくなって誕生したヒメダカですが、その後様々な品種改良が行われ、色々な体色のメダカが生まれました。そして今日では様々な種類のメダカを楽しむことが出来るようになりました。

色素胞とは?

魚類の色素胞は全部で5 種類存在し、黒色素胞、赤色素胞、黄色素胞、白色素胞、虹色素胞に分類されていて、メダカの場合は4 種類の色素胞を持っています。
この色素胞は周辺の色や明るさに影響されるため、色素胞自体ではなく、色素胞の中の色素顆粒が拡散・凝縮し、メダカの発色に影響するのです。

さて、昔から日本のいたるところで見ることができたニホンメダカですが、1998年環境庁により「絶滅危惧種第Ⅱ類」(絶滅の危険が増大している種)に指定されました。 減少の主な原因は、農薬の使用や生活排水などによる環境の悪化、護岸工事や水路の整備などによるメダカの棲める穏やかな小川の減少、外来種との競合に負けてしまっているというようなことがあげられます。

野生のメダカを見つけたら、捕まえずに大事に見守ってあげてください。 また、お店で買ったメダカを自然の川に放流することは絶対にやめましょう。生態系をこわすおそれがあります。

メダカは童謡「めだかの学校」でも歌われているように、金魚と同じく古くから観賞魚として日本人に親しまれてきた魚です。通常は水田・小川・川・池などにいますが、海水の入ってくる河口でも生息でき、生息水温も0℃~40℃と幅広く、適応力の高い魚です。
メダカという名前は、単純に目が顔の高い所にあるため、目高(メダカ)と呼ばれるようになりました。子供の頃、小川でかわいく群れて泳いでいるのを見かけたり、飼ったことがある人も多いのではないでしょうか?生命力が強く繁殖が容易なため、初心者が飼育するのにも適している魚で、最近注目を浴びている観賞魚です。

ニホンメダカの学名は「Oryzias latipes」。『稲の周りにいる足(ヒレ)の広い魚』という意味です。昔ながらの水田や小川の広がるのんびりとした日本の風景によくみられ、水草の揺れる水の中でメダカが泳ぐ様子は、日本の風情を感じさせるとともに心を穏やかにしてくれますね。 一昔前に比べると河川や田畑の生き物に対する環境は改善されています。近くの用水路にも野生のメダカが仲良く泳いでいるかもしれません。

野生のメダカは田んぼの周辺の用水路や小川、小さな池などに生息しています。太陽光に照らされて金色に輝く背中はとても美しいもの。栄養豊富な環境で育ったメダカは丸々と太っています。野生のメダカで春先に泳いでいる大きな個体は越冬した2年めや3年目の親魚。田んぼに水が張られるころ、親魚は稲の根本や水草にたくさん卵を生みます。田んぼから水が抜かれる前に、稚魚たちは周辺の用水路や小川に流れていき、そこで成長します。その繰り返しがメダカたちの一生です。

メダカの体

ここでは、一般的なメダカの体について解説します。

メダカの”目”

目の位置が高いことから「目高(メダカ)」と呼ばれるようになった、との説があります。今では目が飛び出している「出目メダカ」も誕生しています。

メダカの”体の色”

メダカは黒、黄色、白、虹色の4つの色素胞を持っています。それらの有無、強弱で様々な色のメダカが生まれています。昔は考えられなかったような色彩の組み合わせのメダカの誕生も、現在のブームのきっかけになっているのかもしれません。

メダカの”ヒレ”

改良種では、背ビレしかなかったり、逆に尾ヒレとともに長くなる品種などもあります。ヒレが長く伸びたメダカはまるでグッピーなど熱帯魚のよう。しなやかで繊細なヒレの動きは本当に魅力的です。

メダカの”尻ヒレ”

オスとメスを見分けるのはここ。オスの尻ヒレは長く大きくなります。

メダカの”体型”

改良種の中には「ダルマメダカ」という体が丸っこい種類も。見ていて可愛いですが、泳ぐのはちょっと苦手です。泳ぐのが苦手なだけじゃなくて、交尾や卵を産み付けるのも苦手なので、無精卵が多かったりもします。うまく産み付けられずに底に卵が沈んでいることもあります。

メダカの”口”

口が上を向いているのは水面近くの餌を食べるため。メダカは水面近くを泳ぐのが大好きです。エサは浮かぶエサが理想、と考えがちですが、たくさんメダカを飼っている場合はすべてのメダカがエサを食べられるように、ゆっくり沈むエサがあったほうがいいかもしれません。強いメダカだけでエサを食べ尽くすことのないように配慮したいものです。

※画像の一部はめだかの館さんからいただきました