初めてのメダカ飼育を応援!メダカのいる暮らしで癒やしの毎日を

メダカ稚魚におすすめの隔離ケース5選!安全に飼育するための必須アイテム

「メダカを繁殖させたいけれど稚魚用の水槽が確保できない」というお悩みはありませんか?

たしかに、親メダカと水槽を分けると食べられるリスクはなくなりますが、飼育スペースが必要というデメリットもあります。そのような場合におすすめなのが「隔離ケース」です。

親メダカと同じ水槽でも隔離ケースを使えば、安心して卵や稚魚を成長させることができます。

今回は、メダカの卵や稚魚におすすめの隔離ケースを5つご紹介します。

AQUAさん

隔離ケースは、親メダカと水槽を分けられない場合の必須アイテムです。有効活用して飼育に役立ててみてください

隔離ケースがないと卵や稚魚が親メダカに食べられる!

メダカは、自分が産んだ卵や稚魚であっても餌と判断して食べてしまいます

なにもしなければ、すべての卵が食べられてもおかしくありません。対策としては、

  • 親メダカと水槽を分ける
  • 同じ水槽で隔離ケースを使って分ける

この2通りがあります。水槽を分ければ、食べられるリスクをなくせるものの、飼育スペースが確保できなければ難しいでしょう。

そのような場合でも、隔離ケースがあれば安全に卵や稚魚を飼育することができます。

産卵と稚魚育成を効率よく行うために。容器と産卵床を工夫しよう。

メダカの稚魚や卵におすすめの隔離ケース5選!

親メダカに食べられることを防ぐおすすめの隔離ケースを5つご紹介します。

  • 素材
  • 大きさ
  • 設置方法

など、製品によって特長が異なるので、卵や稚魚の数、設置する水槽の大きさに合わせて選んでみてください。

ジェックス メダカ元気 育成ネット角型

水槽の内側に設置するタイプの隔離ケースです。

ネットになっていて、卵や稚魚に優しく通水性も確保できます。このタイプとしてはサイズが大きくゆったりとしたスペースを確保することが可能。

水位の変動によって上下するものではないため、水位の減少には注意しましょう。

スドー メダカの浮くネット黒 小

ネットに浮きが付いたタイプの隔離ケースです。

水位の変動に合わせて上下するので、沈んだり干上がったりすることもありません。フタが付いているため、親メダカが飛び込むのを防ぐことが可能です。

キスゴムを使って、定位置に固定します。

メダカ元気 卵・稚魚用クリアケース

プラスチック製の隔離ケースで、水槽に設置せず別の飼育容器として使用します。

高さがあって水量も確保できることにくわえ、幅を取らないので小さなスペースがあれば安全に卵と稚魚を隔離できます。上部に穴が空いていて、エアレーションすることも可能です。ただし、水槽とは完全に隔離されているため、水質の悪化には気を付けましょう。

スドー サテライトスリム S

水槽の外側にかけて使用するプラスチックタイプの隔離ケースです。

完全に隔離できるだけでなく、エアーポンプを使うことで水槽と隔離ケースの水を循環させることができます。個別に水質管理しなくても良いので、手間がかかりません。

複数のサイズがラインナップされているため、卵や稚魚の数に合わせて使い分けると良いでしょう。

ジェックス メダカ元気 育成メッシュ 丸型 卵の孵化 稚魚の保護・育成用 食卵防止 メダカ飼育用

メッシュタイプで、水槽に浮かべて卵と稚魚を隔離します。

型崩れしにくいことから、稚魚が隙間に挟まってしまうこともありません。親メダカが飛び込んでしまうこと防ぐために、フタやネットをかぶせておくとより安心です。

隔離ケースを使ってメダカの卵や稚魚を守ろう!

親メダカと水槽を分けて飼育できない場合、生まれたての卵や稚魚を守る隔離ケースは欠かすことができません。

生存率を上げて安全に成魚まで成長させるためにも、ぜひ有効活用してみてください。

 

メダカの産卵グッズ 売筋ランキング メダカの繁殖が人気な理由!初心者でも簡単に挑戦できます!
質問欄を閉じる

アクアリウムに関する質問はこちらから!